症状の具体的な内容 | レボリューションはフィラリア対策にはぴったりの薬です

レボリューションはフィラリア対策にはぴったりの薬です

症状の具体的な内容

薬と用法などの説明

もしもあなたの愛犬がフィラリアに感染してしまったら…
そんなときに実際に起こってしまう症状についての紹介をしていきたいと思います。

まずフィラリア症にかかってしまった犬は、基本的に何も症状を出さないのが特徴です。
感染直後はミクロフィラリアと呼ばれる赤ちゃんの状態になり、犬の体内で成虫になるまでじっと潜伏しています。
そのためフィラリアの感染はすぐに気づかないのが大きな特徴となっています。

そしてフィラリアが成長すると、急に活発に犬の体内で活動をし始めます。
このときに最初に気づくのがおそらく「咳」になるでしょう。
もしあなたの愛犬が咳を頻繁にするようになったら、それはほぼ間違いなくフィラリア症に陥ってしまっているといっても過言ではありません。

さらにそこから深刻な状態になると、今度はあきらかに元気がない状態を見ることになります。
散歩に連れて行こうとしても拒まれてしまったり、エサをあげてもほとんど食べないままじっとしてしまったりします。
実はこのときにはすでに心臓や肺などにある血管に対し、フィラリアがダメージを与えています。
そこから今度は急激に体型が痩せていったり、あとはお腹に水が溜まるようになるでしょう。
ここまで来ればもう死は目前となるので、あなたの愛犬がこうなってしまう前に早くフィラリアの感染に気づいてあげなければいけません。

フィラリアというのは放置していてもけして治るものではないので、必ずフィラリア予防薬を使っていくようにしましょう。
予防薬さえ使っていれば、まずフィラリアによって死亡するようなことにはなりません。