よくある目の病気 | レボリューションはフィラリア対策にはぴったりの薬です

レボリューションはフィラリア対策にはぴったりの薬です

よくある目の病気

カプセルの分解

犬の病気として最近よくいわれているのが「白内障」になります。
白内障というのは水晶体の一部、または全体が白く白濁している状態を指します。
犬の白内障は主に6歳頃から見られるようになり、年齢を重ねるたびに白内障はますます進行していきます。
白内障といえば基本的に自然回復することはありませんので、一度発生したらしっかり治していかなければいけません。
ただ白内障を患ったとしても、完全に失明しないケースもあります。

しかしもちろん完全に見えなくなってしまうことは多々ありますので、もしあなたの愛犬が白内障になったらすぐに治すように心がけてほしいと思います。
では実際に白内障になったら、どのようにして対策すればいいのか?

その方法として一番おすすめなのが「シーナック」と呼ばれる薬を使うことです。
シーナックは点眼薬で、すでに多くの人がシーナックを愛用しています。
シーナック自体には完全に白内障を解決させる効果はありませんが、現在の状態から一時的に進行をストップさせることができるので、これがあるのとないのとでは全然違ってくるでしょう。

では実際に白内障になってしまったとき、どのようにして見分けていけばいいのか?
まず白内障になると、見た目だけでも十分わかるようになっています。
愛犬の目を見て、もし白く濁っている様子が見られる場合は白内障が進行し始めているかもしれません。

そして視覚障害を示す行動にも注意してください。
白内障が進行している状態は普段では絶対に見られないような行動を起こす可能性があります。
たとえば白内障は視力が低下するので、いろんなところにぶつかったりするわけです。